HOME > ほっと一息 > オリバー・ストーン監督の呼びかけに呼応します

オリバー・ストーン監督の呼びかけに呼応します

米映画監督オリバー・ストーン氏

原水爆禁止2013年世界大会に参加

「米に染まらず平和追求を」

 

 米映画監督オリバー・ストーン氏が来日し、原水爆禁止世界大会に参加された。自身がベトナム戦争帰還兵である経験にもとづいて製作した映画『プラトーン』『74日に生まれて』はアカデミー監督賞を受賞している。

 

 その彼が「しんぶん赤旗」のインタビューでこう語っています。

 

 原水爆禁止世界大会に参加している人たちは最も自覚の高い人たち、しかし日本の多くの国民たちは自分たちの歴史を知らされていないのではないでしょうか。

 

 同じ敗戦国のドイツが戦後たどった道を日本はたどってこなかったとおもっています。それは、国民を「再教育」する努力を行わなかったということです。戦後、日本を占領した米国のねじ曲がった戦争観に沿った歴史の結果、国民は米国から自立できなくなってしまったのではないでしょうか。

 米国に異を唱えた日本の首相がいたでしょうか。

 私には、ドイツが日本のたどるべきだった道筋を示しているように思えます。

たとえば、2003年の米国居のイラク開戦にドイツは反対しました。そのことでドイツは世界に道徳的な模範を示した。しかし日本は開戦を支持しました。 

 安倍首相は右翼的で危険な人物です。広島・長崎の平和記念式典では、市長や被爆者が演説で首相を批判していました。首相の原発推進姿勢は、ヒロシマ・ナガサキから何も学んでいないかのようです。

私はいま、アジアでかつてなく軍拡が進んでいることを懸念しています。ベトナム戦争後初めて、米国がこの地域に照準を合わせています。中国と対抗するオバマ米政権の「アジア基軸」戦略は世界にとって危険です。その中で日本は米国の手先となっています。

 若い人たちはエネルギーがあります。恐れることもない。

みなさんの政府を変えてください。米国に染まらず、米国との軍事同盟から脱退し、世界に対する道徳的な権威となり、東アジアに平和をもたらしてほしい。

「脱オバマ」を追求してほしい。

         

 オリバー氏の呼びかけに呼応し、私も今、戦争のない平和な世界をめざす世界中の方々とともに、しっかりと歩きます。ともに歩いていただくことを呼びかけます。

copyright(c) 花井伸子