いのち・くらし守る市政を

HOME > 議会報告 > 討論 > 日本共産党戸田市議団 「戸田市第5次総合振興計画基本構想及び基本計画施策体系」に賛成討論おこなう

日本共産党戸田市議団 「戸田市第5次総合振興計画基本構想及び基本計画施策体系」に賛成討論おこなう

 9月議会に提案された戸田市第5次総合振興計画基本構想及び基本計画施策体系について、日本共産党戸田市議団を代表してむとう葉子市議が賛成討論をしました。

 計画作成にあたり市民意識調査の実施や協働会議を8回行い、自治基本条例やSDGS『誰ひとり取り残さない社会の実現』の視点が盛り込まれ、「このまちに住んで良かった」と思える、みんなが輝く未来を創造できる計画に仕上がっていると受け止めています。7つの基本目標を掲げ、具体的な目指すべき姿を示し、目標を達成するための32の施策が示されています。その中で、市民医療体制の強化や地域防災力・危機管理体制の充実と強化等について、今後、より具体的な施策となるよう要望しました。

 計画を推進する基本的な考え方の一つに「質の高い行財政運営の推進」があり、「効率的な財政運営」を元にPDCAサイクル等による施策・事業の改善がこれまで以上に求められているとされていますが、人間の生活や時間、空間には効率では量りえない営みがあります。行政改革だけの効率的な財政運営により、長年紡いできた糸が切れる事のないよう繋がりを大切に進めること。 第4次総合振興計画では、行政改革による公共料金の値上げ等で、市民サービスが低下したことによる残念な声が届いています。

 本計画では、市民の声が反映され、市民生活の質が向上されることを期待し賛成しました。